みのだ歯科医院熊本県八代市 みのだ歯科医院痛くない・歯周治療お任せください

熊本県八代市 みのだ歯科医院痛くない・歯周治療お任せください

診療案内

一般診療

HOME > 診療案内 > 一般診療

予防歯科

まずは予防することが大切です。

口の中は自分自身ではよく見えない部分。
すみずみまで管理が行き届かないのはどうしようもないことです。
毎日の歯磨きと定期的な検診で健康な口内環境を保ちましょう。

むし歯予防に”フッ素”がオススメ。

フッ素を歯に塗布する事で歯質を強化し、むし歯になりにくくします。
またむし歯の酸の元、ミュータンス菌の働きも抑制します。
(フッ素は特別なものではなく、自然界にごく普通に存在する物質です。)

みのだ歯科医院では、歯が未成熟でむし歯のできやすい小さいお子さまへのフッ素塗布を行っております。
ご希望の場合はお気軽にご相談ください。

家族でできること

歯がはえてきたら、まず歯磨きの練習をしましょう。
子供さんはみんな歯磨きが苦手です。ですから歯磨きの習慣付けが大事です。
就寝中はむし歯菌が活発化しますので、特に就寝前は念入りに磨いてください。

むし歯治療

早期発見・早期治療が肝心です。

しかし、痛みが出るまでなかなか自分では気づきにくく、 特に小さいお子さまの場合はお父さん・お母さんがしっかりと 歯の健康を保ってあげる必要がございます。

健康な口内環境を保つために、正しいブラッシングと 管理を行いましょう。

むし歯になってしまったら・・・

歯の部分を削り、きちんと埋めてふさがなければなりません。
また、むし歯が歯髄(神経)まで達している場合は歯の神経を除去し、むし歯菌のない清潔な状態になるまで処置(根管治療)しなければなりません。

当医院では、むし歯の治療で患者様が苦しまないよう、お客様の立場に立った『心のかよった診療』を心がけています。

歯周病とは?

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染することで歯ぐき(歯肉)が腫れ、最終的には周りの骨が溶けて歯が抜けてしまう病気です。

日本人が歯を失ってしまう最も大きな原因の一つで、初期の段階では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いと思われます。実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計データもございます。

歯周病治療

歯周病は自覚症状が少なく、全く気づかないうちに歯肉や歯槽骨(歯を支えている顎の骨) などの歯周組織を破壊して、歯がぐらぐらになり最終的には抜けてしまう怖い病気です。

細菌や汚れなどにより深くなった歯周ポケットは検査で発見することができます。
特に気にならないような場合でも「実は歯周病だった。」という場合が多くありますので、 定期的な検診をおすすめいたします。

定期的に診断を受けられた患者様はいつまでも自分の歯でおいしく食事ができるため、とても喜ばれています。
悪くなって治療するより悪くならないように、定期検診をされる方が時間もお金もかからず、しかも自分の歯で食事ができるのでクオリティの高い生活が維持できます。